第33回日本脳死・脳蘇生学会 総会・学術集会
  • 学会事務局
  • 埼玉医科大学総合医療センター
    高度救命救急センター
  • 〒350-8550
    埼玉県川越市鴨田1981
  • TEL:049-228-3755
    FAX:049-228-3588
  • E-mail: golgo99@saitama-med.ac.jp
  • 運営事務局
  • 株式会社ドゥ・コンベンション
  • 〒101-0063
    東京都千代田区神田淡路町2-23-5F
  • TEL : 03-5289-7717
    FAX : 03-5289-8117
  • E-mail: jacrbd33-office@umin.ac.jp

会長挨拶

 
第33回日本脳死・脳蘇生学会 総会・学術集会

第33回日本脳死・脳蘇生学会 総会・学術集会
会長 荒木 尚
(埼玉医科大学総合医療センター 高度救命救急センター)

 
 

時下、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、歴史ある日本脳死・脳蘇生学会会長に推挙を受け、その大任をお引き受けすることになりました。第33回日本脳死・脳蘇生学会は、令和2年6月19日(金)・20日(土)に、一橋講堂(東京都千代田区)において開催されます。

日本脳死・脳蘇生学会は、昭和63年に発足した脳死・脳蘇生研究会を母体とし、その後、多くの会員各位のご研鑽により、平成12年第13回総会より学会として承認を受け、以降重篤な中枢神経疾患の終末像である脳死の病態の解明、脳死診断に関する様々な議論を実現するためわが国唯一の学会として継続されて参りました。本学会の会員は、救命救急センター、救急医学、脳神経外科、内科、麻酔科など広い臨床分野の医師をはじめ、看護師、検査技師、移植コーデイネーターと多職種が参加する理想的な学会であり、高度な学術成果を共有する場でもあります。

2020年は東京オリンピック開催を控え盛り上がりを見せておりますが、本年は臓器の移植に関する法律の改正からちょうど10年の節目を迎える年でもあります。改正の骨子であった6歳未満の小児からの脳死下臓器提供は、緩徐ながらも国内で実績を伸ばし社会的認知を深めつつありますが、様々な課題が指摘されており、それらの改善に期待が集まります。一方小児の神経集中治療は目覚ましい発展を遂げ、子どもの脳蘇生の限界をいかに決めるべきか世界的議論が興っています。その中で脳死診断の意義は最も大きな問題です。また幸いに救命された後も多くの子ども達が高次脳機能障害などの障害を抱えながら、強く明るく毎日の歩みを続けています。

脳神経損傷を理解し、最新のテクノロジーを活用し新しい治療法を勝ち取るためには、常識にとらわれず、改善への望みを決して諦めない、たゆまない挑戦を必要とします。障害を有する子ども達に希望を与えることが出来る社会を目指すうえで、医学的議論はその根幹をなすものと捉え、学会の主題を「子どもの脳死と脳蘇生-常識への挑戦」とさせて頂きました。私たちが未来の社会のために出来ることは、あらゆる改善に向けて挑み続けることであり、挑む人々を理解し支えること、その姿から学び続けること、そして自分自身が挑むことでもあります。

特別講演、教育講演には素晴らしい先生方にお越し頂きました。この学会にご協力頂くすべての方々に勇気と希望を与え、ひとつでも多くの課題に一条の光を見出す機会として頂けましたならば、会長として望外の喜びでございます。

謹白

2020年2月吉日

 
Copyright © 2020 第33回日本脳死・脳蘇生学会 総会・学術集会. All Rights Reserved.